スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

脱走ペンギンついに捕まる

「ペンギン保護、サラリーマンのような習性を利用」image875.gif


『逃亡生活はあっけなく終了――。東京都江戸川区の都立葛西臨海水族園から今年3月に逃げ出したフンボルトペンギンが24日、同園から北東9キロの江戸川付近で保護された。

東京湾で80日余りにわたって自由を謳歌(おうか)していたはずのペンギンが、なぜあっさり捕まったのか。識者は、フンボルトペンギンの「習性」がカギと指摘する。

午後10時30分過ぎに同園が開いた記者会見では、冒頭に保護された脱走ペンギンが公開された。オリに入れられておびえた様子だったが、ケガなどはないという。

同園によると、この日昼前に江戸川の行徳橋周辺で目撃情報が複数寄せられ、職員2人が現場に急行。午後4時20分頃、河川敷で休んでいるところを近づいたが、気付いたペンギンは川の中に姿を消した。しかし、約1時間後に反対岸に上がったところを、今度はゆっくり距離を詰め、最後は素手で取り押さえた。ペンギンは無抵抗だったという。

逃走したペンギンはこれまで、江戸川から東京湾・晴海付近など広い範囲で目撃されており、湾内を自由に行き来していたという。ただ時速30キロで泳ぐペンギンを海中で捕獲するのは困難とみられていた。

研究者らでつくる「ペンギン会議」(千葉県船橋市)の上田一生研究員によると、フンボルトペンギンは早朝、海に出て魚を取り、日没後に陸上のねぐらに戻るという規則正しい「サラリーマンのような生活」が特徴。こうした習性が今回の捕獲劇につながったとみられる。

東京湾はエサとなる小魚も多く、天敵のサメやアザラシなどもいないが、湾内は船の往来も多く「スクリューに巻き込まれてケガをする恐れもある」。陸では野良猫に襲われる可能性もあり、上田さんは「東京でペンギンが一人ぼっちで生き延びるのには危険が多すぎる。保護されて良かったのでは」としている。』
(2012年5月25日11時22分 読売新聞)

(記事引用元) 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120525-OYT1T00386.htm



ついに悠々と大自然の生活を満喫していたフンボルトペンギンさんが捕獲されましたね。

よく生き続けていられたなぁというのが本音でしょうか。

82日間逃走?していたわけですが、これがもしうちのペットのとりさんとかだったら、恐らく生き延びても数日ほどだったと思います。

本来、人間に飼い慣らされた生き物が、野生下で生き続けることは難しいのですが、色々な好条件に恵まれたのでしょう。

でも、捕獲後の体重は正常な数値だったということで、恐らく自力で魚などの食べ物を捕っていたようで、それっていうのは、自然、海に順応してきていたんじゃないかと思えます。

水族館生まれですから、水族館に戻ってゆくのが普通なのかも知れませんが、たとえ多くの危険が待ち受けている海だとしても、自分で食べ物を探して生きてゆくのが彼らの自然な姿なのですから、あのまま海で生活させるという選択をしてもよかったんじゃないかなとも思います。

それにしても、記者会見に引っ張り出されて、フラッシュをバシバシ焚かれてケージのなかで怯えているように見えましたけど、あんなことする必要があるんでしょうかね・・・

水族館では仲間たちに武勇伝?でも話しているんでしょうか(笑)

水族館に帰ったことが幸せなのかどうなのか・・・
2012-05-25 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

お知らせ♪


● こちらのサイトはサブになります。
メインのサイトは、こちら<<

● 初めて訪問された方は、こちら<<

thanks thanksにほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

カテゴリー

最新コメント

openclose

サイト内検索

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。