スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

The most amazing birds to see in Britain

image874.gif

昨日、今年はじめて蚊に刺されました。それも自室で(^_^;)
ここのところ急激に気温が上昇しているせいなのもありますが、それにしても自室で4月に刺されるって過去にはなかったですねぇ・・・

さて、欧州から帰ってきている妹の旦那(現地人)と色々なことを話しているんですが、スーベニア(おみやげ)として、鳥本をいただきました。


0024.jpg

イギリス周辺で見られる野鳥の本なんですが、いい写真が多いんですよね。

0023.jpg

まずは、ブラックバード(クロウタドリ)・・・ この鳥さんはわりと身近に見られる鳥さんですね。
日本で出現したら人が集まるでしょうね。

0022.jpg

こちらも庭先なんかでも普通に見られるヨーロッパコマドリさん。
映画「WATARIDORI」にも登場していましたね。

0019.jpg

こちらはベニバラウソのようですね。

0036.jpg

Common Kingfisher・・・ お馴染みのカワちゃんですね。
カワちゃんは東南アジアからインド、欧州までわりと広く分布してます。

0029.jpg

なんかすごくかっこいい写真だなぁと思ったんですが、こちらもお馴染みのオオタカさん。

0028.jpg

こちらもお馴染みのイヌワシさん。日本でも減少していますが、イギリス周辺でも減っているそうです。

0027.jpg

こちらはコチョウゲンボウさん。小鳥を捕らえている写真ですが、自然な姿ですばらしいですね。

0026.jpg

こちらもお馴染みのコミミズクさん。こうやって見ていると、日本で見られる鳥さんがたくさん出てきます。

0030.jpg

キクイタダキのキクちゃんです。

0034.jpg

Wren レンレンレンレン言ってるから何かと思いきや、ミソサザイのミソッチさんも普通にいるんですよね。

0021.jpg

Waxwing(ワックスウィング)・・・ こちらもお馴染みのキレンジャクですね。
黄色い尾羽のキレンジャクさんの方は、次列風切の羽軸の先端に赤い蝋(Wax)のような質感のものが付いているのでWaxwingという名前で呼ばれています。

0033.jpg

すかいらーく・・・ ヒバリさんです。ホバリングというより滑空している写真だと思いますが、綺麗な写真なんですよねぇ

0025.jpg
 
こちらもお馴染みのサンカノゴイさん。大きい写真なんですが、よく撮れてるなぁと思いました。

0035.jpg

こちらもお馴染みのクイナさん。これジャンプしているですけど、こんな行動見たことないです。
この図鑑で一番すごっ!と思いました。

0031.jpg

こちらもお馴染みのホシムクドリさん。
日本ではわりと珍しい鳥さんですが、ユーラシアやイギリスなどでは普通に見られます。
そのかわり、日本では見向きもされないことが多いムクさん(Grey Starling)は、日本と中国などでしか見られないので、欧州人の彼は珍しそうに見ていましたね。

他にも、ゴミ漁りで困りもののハシブトガラスくんも向こうにはいないのでじっくり観察していました。
ニシコクマル(見たことない)とかミヤマガラスは普通にいるみたいですね。

0020.jpg

メンフクロウさん。納屋などで営巣するそうで、殺鼠剤?の影響からかずいぶん数が減ったようです。

0032.jpg

コジュケイさん(Chinese Bamboo Partridge)の仲間みたいですね。
サブのフィールドを案内している時に、偶然コジュケイさんのツガイが畑を歩いてくれてバンブーバンブー!叫んでました(笑)
これもすばらしい写真だなぁと思いました。



すべて英語で書かれている本ですが、すばらしい写真が多くてじっくり見てしまいました。
他にもカンムリカイツブリやキセキレイ、JAYJAY鳴くカケスさん、パフィン、ミユビシギにAvocetなど日本で見られる鳥さんや現地限定の鳥さんなどがたくさん載っています。
それにしても、欧州人の彼は世界中を旅してるだけに、色々な生き物に詳しくてビックリでした♪
スポンサーサイト
2012-04-30 : 書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

プリンタがぶっ壊れた

image874.gif

という、些かぶっきらぼうなタイトルにしましたが、なぜか?

ぼくの生活のなかのプリンタって、なくてもいいけど、たまにないと困るもの・・・
そんな微妙な位置なもので、できるだけお金をかけたくないものなんですよね。

そんな微妙な位置にいるプリンタくんが、先日久々に使おうと思った時に電源オンでシーン・・・(←よくありますよね)
コンセントの不良か?(シーン) 本体側の接続不良か?(シーン) 電源ボタン?(緑ランプがちょっと光って消える)
うーん・・・これは軽いメンテで直りそうな感じじゃないな・・・

でも、たまにしか使わないプリンタなどに簡単にお金などかけていられないので、とりあえずググって調べてみると、ファクトリーモードなどのお話が載っていたので色々試しました。
が、通常動作にはほど遠い状態・・・

むーん・・・これはいよいよご臨終くさいなぁと思いつつ、プリンタヘッドを外して電源オンすると起動!
これはヘッド清掃なり弄ればイケるか!?とポジティブモードになりつつ再び取り付けてみると・・・

緑ランプがちょっと点灯して シーン・・・

よし、あちこちエアダスターで埃などを飛ばして、インクも外して・・・
と息の根が止まらない程度にやれることはやったのですが、変化なし。

いつもならここで片道切符覚悟の分解作業に入るのですが、この先の選択肢をしばし検討。

1、分解してダメなら処分 2、修理に出す 3、新品に買い換える

あまり使っていないのですが、5年くらいの年数が経っていたのでとりあえず買い換えようかと思い、最近のプリンタ事情をサラッと見てみると、接続にWi-Fiや有線LANなどが使えるものの、インクの容量が減ったとか減りが早いとか静音性に難ありとか・・・
CANON、EPSONで今回故障したMP810と似たようなスペックのものを見てみると、どれもパッとしないコメントばかり。
値段は、同じようなスペックのものが¥16000くらいになっているのでずいぶん安くはなっているのですが、いかんせんインクのコスパを考えるとトータルでは決して安くはない金額・・・

この「インク商売」ってどうにかならないですかね。インクの値段を下げると本体価格を上げそうですが、一般庶民の金銭感覚ではどうにも釈然としない販売手法で長年納得できないもののひとつですね。

そんなわけで、使用期限がとっくに切れているものの、新品の換えインク(¥5000相当)が残っていた、修理代と新製品がほぼ同等の値段、めぼしいものがなかった、購入店での5年保障切れすぐの故障の不運、修理後の保障期限が6月末・・・
などと色々な事情を勘案して、CANONのサポートの人(親身に相談に乗ってくれました)とも相談して、些かリスクがあるのを承知で修理に出すことにしました。

ちなみに、このMP810って機種は、今年の6月でサポートが切れてしまいます。
サポートが切れるということは、それ以降は保障の期間内であっても保障が受けられないわけで、新製品を買った方がよかったようにも思いますが、なにせ同じようなスペックでマシなものがない。


0018.jpg

地元のCANON修理窓口に持っていくと、修理一律料金¥11550で済むのですが、足代や手間などを考えて、往復クロネコサービス+¥1575で出しました。

http://repair.canon.jp/
sc/html/ScxbESelectMethod.jsp?i_grp=0140&i_model=PIXUSMP810


この宅配便サービスも手軽で悪くないサービスなんですが、元箱があっても裸のままで出してくださいとの指示。
手配した翌日にちゃんと来てくれたんですが、何か箱でも持ってくるのかと思いきや裸のまま車まで持っていこうとする。
当日は雨も降っているし、途中傷が付いたらどうするんだろうと思いながらクロネコの人に伺うと、しぶしぶ着ていたジャンバーをかけて持って行く始末・・・
営業所によっても対応が違うと思いますが、だったら元箱に入れて強引に出すんだったとちょっと後悔しました。


0017.jpg

中2日で修理完了到着と予想外に早く戻って来ました。
こちらが修理内容明細になりますが、予想通りヘッドとロジックボード(回路基盤)の交換でした。

ググった先でも同じようなケースがゴロゴロしていて、故障タイマーでもあるのかと疑いたくもなりますが、CANONさんの言い分は、5年くらいで買い換えろってことなのでしょう。

プリンタに限ったことではないですが、どうにもこうにもチャチなものばかりになってしまいましたね。


0016.jpg

で、いざ電源を入れてみると当然ですが普通に起動(^_^;)
ただ、その後の試し刷りでは、インクが認識できませんやらエラーxxxxxやら、大丈夫か?という挙動。
インクを挿し直したり、何枚か印刷してみてどうにか通常の動作に戻りました。


0015.jpg

で、最後のオチ?は、 「インクがなくなりました!」 ・・・

ちょっ 少ないのは知ってたけど、修理後のゴタゴタでずいぶん減っただろ(゚⊿゚) 
やっと日の目を見た使用期限切れのインクを挿し直して問題なくプリントできましたが、この時点でかなりのイライラ感(笑)
もうこれが壊れたら、当分買うのやめよっ!

プリンタでいい思い出は全くありませんね。
過去にはEPSONの新品を某大手量販店で購入した際、連続初期不良だったり、なんの前触れもなくいきなり壊れるし、壊れる時期も早いし、サポート期間が短いし・・・
少々高くてもいいからもうちょっとまともなモノを作ってくれませんか?
2012-04-28 : PC関連 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

次の日曜は、「さわやか自然百景」で海の生き物♪

「三浦半島 葉山の海」image874.gif


~ 神奈川県三浦半島のほぼ中央にある葉山町。相模湾に面し、遠く富士山を望む風光明媚な場所です。干満の差が大きい春の大潮。数多くの潮だまりができ、ウミウシやダンゴウオなど愛嬌ある生きものが盛んに動き回ります。早々に求愛を始めるのはハゼの仲間チャガラ。また、この時期は海藻が急速に生長し、多くの生きものを支えています。冬から春への移ろいの中、葉山の海岸で躍動を始める生きものたちを紹介します。~


▼登場する動植物~ コモンイトギンポ、タツノオトシゴ、ダンゴウオ 幼魚、チャガラ、ボウズコウイカほか

(詳しい情報はこちら)
http://www.nhk.or.jp/sawayaka/
contents/program/2012/04/2012_0408_hayamanoumi.html#a02



【NHK総合】 4/8(日)  午前 7:45~7:59
(近畿各県、鳥取、香川、徳島、九州各県、沖縄は、午前 8:10~8:24)

【再放送 BSプレミアム】 4/9(月) 午前 11:00~11:14

【再放送 総合】 4/9(火) 午後3:40~3:54

【再放送 総合】 4/13(金) 午前11:05~11:19
(東北各県、関東甲信越各県、近畿各県、沖縄は別番組です)

【再放送 セレクション放送】 4/13(金) 午後3:45~3:59
(中部各県のみ)

※放送は予告なしに変更される場合があります。ご了承下さい。

(詳しい情報はこちら)
http://www.nhk.or.jp/
sawayaka/contents/program/2012/04/2012_0408_hayamanoumi.html



   



今回はとりさんは出てこないようですけど、海のなかにもたくさんの面白い生き物たちが住んでいますね。

今回の撮影地付近は、ぼくも何回か潜ったことのあるところで、身近なところにこんな綺麗な海があるのか!と、当時はビックリしていました。

さすがに南国の海とまではいきませんけど、それでも色々な生き物たちが住んでいることに驚きました。

海っていうと、真っ先に思い出すのが ジョーズ!

あれは ホホジロザメ をイメージしていて、かなり知能を持った鮫になっていましたが(笑)
もともと、ホホジロザメは、日本の沿岸部ではまず見ることができないのはわかっていながらも、ちょっと深いところなどを潜っていると、すぐジョーズの姿を思い出してしまいます(^_^;)

ただ、以前巨大なホホジロザメの死体が港で上がったニュースもあったので、絶対いないとは限りませんけど・・・

鮫の仲間は、映画などの影響もあってか、ずいぶん悪者になっていますよね。

ただ、サーファーなど、人を襲うこともありますけど、それは希なことでほとんどの鮫は人を襲いませんし、今回の撮影地付近でも、小型の鮫を見かけたことがありますが、こっちが驚くより鮫の方が驚いて逃げてゆきますね。

鮫の話にばかりなってしまいましたけど、ホホジロザメをはじめ、鮫はフカヒレなどの高級食材の為に乱獲されて数を減らしているんですよね。

以前、ドキュメントで見たのは、捕獲してヒレの部分だけ切断して、生きたまま海に捨てる漁師の姿・・・
ヒレをなくした鮫は、まるでウナギなどのように体をくねらせ、もがきながら海底に沈んでゆきました。
必要な部分以外は、荷物になってしまうからなんでしょうけど、それにしても惨い映像でした。

ホホジロザメも怖いですけど、やはり海の王者はシャチですね。
彼らは体も大きいし、鮫などより遥かに知能が発達しているので、ホホジロザメさえも獲物にしてしまいます。

と、どこまでも話が尽きなくなってしまうので、この辺で (^◇^;)

あ、今回の語りは、森山遙香アナなので尚更見逃せません♪        
2012-04-05 : 地上波 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

お知らせ♪


● こちらのサイトはサブになります。
メインのサイトは、こちら<<

● 初めて訪問された方は、こちら<<

thanks thanksにほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

カテゴリー

最新コメント

openclose

サイト内検索

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。