スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

???さわやか自然百景

icon3newgreen.gif ものすごく放置状態になってしまい申し訳ありません。

さて、ほとんど観ない地上波放送のなかでも数少ない好きな番組が、毎週日曜日の朝7:45~7:59に放送している「さわやか自然百景」。

以前にも何度かご紹介しましたが、美しい映像や静かな語り口で日本全国の自然をじっくり堪能できるすばらしい番組です。

私は毎週観ることができないので、録画したものをまとめて観ることが多いのですが、先日、昨年10/28放送分の「北アルプス 鹿島槍ヶ岳」に登場した野鳥の2種類を観ていて???と思ってしまいました。

昨年秋の放送分ですから、とっくに???と思った方もいらっしゃるかも知れませんが、一種目はこちら。


0063.jpg
放送より

これは、コサメビタキとして紹介されていましたが、私の経験上ルリビタキの幼鳥、雌雄不明♀タイプにしか見えません。


0062.jpg
放送より

大きくしてみるとよくわかると思いますが、全身に幼羽が残る個体で、脇腹が橙黄色、尾羽が青みがかっているのが確認できます。

番組では、繁殖期の亜高山帯で姿を見ることが多い、ホシガラス、ウソなどに続いての紹介ということもあり、環境的にもルリビタキがしっくりきます。


二種目はこちら。

0065.jpg
放送より

こちらもそれなりの個体数を見てきた私としては、真っ先にカヤクグリだと思ったのですが、イワヒバリとの紹介。


0064.jpg
放送より

大きくしてみると、イワヒバリに特徴的な上面の羽衣、黒い雨覆に白い羽先がなく、嘴基部の黄色味もありません。


両種とももっと深い部分のお話もできますが、これだけで十分ではないかと思います。


数少ない好きな番組で、語りがこれまた好きな森山春香アナウンサーということもあり、疑問点を残したままでは歯にものが詰まっているような感じで気分が悪いので、メールでNHKに問い合わせてみました。

鳥類に詳しい人が見ていたら、「なんだ間違ってるじゃん」で済む話ですが、そうではない方は間違ったまま覚えてしまいますし、なにより私の知識の乏しい他の分野の識別も、このような調子だとすると番組全体の信頼性にも関わってきます。


まず、ルリビタキ幼鳥と思われる個体への返答・・・

(抜粋)

複数の専門家に映像を確認して頂いた結果、「コサメビタキ」と紹介した鳥については意見が分かれました。

腹部の褐色と縦縞などから「コサメビタキ」とする専門家と、尾羽の青みなどから「ルリビタキ」とする専門家です。

種を絞り込むのが難しいことから、「コサメビタキ」と断定すべきではなかったと考えます。



メールを送ってからわりと早く返事をいただきました。

どのような方、組織、団体に識別、同定を依頼されているのかも伺いまいしたが、ノーコメントでした。

結論として、ルリビタキ、コサメビタキ両方の可能性があるということですが、私の知る限りこのようなコサメビタキの幼鳥は図鑑や文献でも見たことがありません。

光や撮影機材による発色の問題もありますが、上述した識別点以外にも明らかに上面のオリーブがかった羽衣はコサメビタキの幼鳥では見たことがありません。

総合的に見てもルリビタキの幼鳥にしか見えないのですが、もしかすると私の知らない更に深いレベルの個体差があるのかも知れません。

機会があれば、それなりの団体、組織に同定依頼しようかと思いますが、もし、ブログを見ている方で、コサメビタキの可能性が強いと思われる方がいらっしゃれば、色々ご教授していただけるとありがたいです。


続いて、カヤクグリと思われる個体への返答・・・

(抜粋)

「イワヒバリ」と紹介した鳥は「カヤクグリ」と分かりました。

当初、くちばしの黄色や、腹部が茶褐色と灰色の2色に見えていたことなどから「イワヒバリ」としました。

今回、改めて確認したところ、腹部は光の影響による陰で2色に見えていたことなどが明らかになり、

複数の専門家の見解を総合的に判断した結果「カヤクグリ」との結論になりました。



こちらはやはりカヤクグリだったわけですが、腹部を識別点にすることよりもっと明らかな部分があるんじゃないかと思いました。


(抜粋)

ご指摘部分は正しい情報を確認の上で、速やかに修正いたしました。
今後は、間違いのないよう細心の注意を払ってまいりたいと存じます。
このたびは貴重なご意見ありがとうございました。
今後も何かお気づきの点などございましたら、なんなりとご指摘いただければ幸いです。



当初、メールを送っても返信は来ないだろうと思っていましたが、返信内容には疑問が残るものの、迅速な対応には好感が持てました。

なにはともあれ、これからもみなさんにおすすめしたい番組のひとつであることに変わりはありません。

今後も良質な内容の番組でありつづけて欲しいですね。
スポンサーサイト
2013-01-17 : 地上波 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

今度の日曜日は、「ダーウィンが来た!」でオオワシ登場♪

「氷原の激闘!巨大オオワシ」image874.gif


~北海道の氷原を悠然と飛ぶオオワシ。翼を広げると2.5m、世界最大級のワシです。実はこのワシ、仲間同士で闘ってばかり。鋭い爪を相手に突き立てて突進、氷の海に突き落としてしまうほどです。この壮絶な闘いには、深いワケが秘められていました。

今回、繁殖地のロシアから越冬地の北海道まで、1羽のワシの子どもに初めて密着。厳しい上下関係や厳冬期の食糧不足など、試練を乗り越えて生き抜く姿を通し、闘う巨鳥が背負った運命に迫ります。~


▼登場する動物~ オオワシ


【NHK総合】 5/13(日)  午後 7:30~8:00

※放送は予告なしに変更される場合があります。ご了承下さい。

(詳しい情報はこちら・迫力あるすばらしい画像がたくさんあります)
http://www.nhk.or.jp/darwin/broadcasting/next.html


全379種に及ぶ野鳥の生態を紹介。「動く野鳥図鑑」の決定版!新 野鳥図鑑 Blu-ray BOX 全4枚セット

全379種に及ぶ野鳥の生態を紹介。「動く野鳥図鑑」の決定版!新 野鳥図鑑 DVD-BOX 全4枚セット

↑ 欲しいなぁと思うんですけど、ちとお高いです(^_^;) 


オオワシさんは北海道に住んでいた頃に何度か見ているんですけど、前にもお話したとおり「怪鳥」か?と思うほど大きかったです。
子供の頃ですから尚更インパクトがありましたね。

オオワシさんは絶滅危惧種で天然記念物になるほど個体数が減少しているんですよね。
流氷がやってくる頃になると、オジロワシやゴマちゃんなどと一緒に写っているのが当たり前という印象がありますが、実際は非常に厳しい状況におかれています。
2012-05-10 : 地上波 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

次の日曜は、「さわやか自然百景」で海の生き物♪

「三浦半島 葉山の海」image874.gif


~ 神奈川県三浦半島のほぼ中央にある葉山町。相模湾に面し、遠く富士山を望む風光明媚な場所です。干満の差が大きい春の大潮。数多くの潮だまりができ、ウミウシやダンゴウオなど愛嬌ある生きものが盛んに動き回ります。早々に求愛を始めるのはハゼの仲間チャガラ。また、この時期は海藻が急速に生長し、多くの生きものを支えています。冬から春への移ろいの中、葉山の海岸で躍動を始める生きものたちを紹介します。~


▼登場する動植物~ コモンイトギンポ、タツノオトシゴ、ダンゴウオ 幼魚、チャガラ、ボウズコウイカほか

(詳しい情報はこちら)
http://www.nhk.or.jp/sawayaka/
contents/program/2012/04/2012_0408_hayamanoumi.html#a02



【NHK総合】 4/8(日)  午前 7:45~7:59
(近畿各県、鳥取、香川、徳島、九州各県、沖縄は、午前 8:10~8:24)

【再放送 BSプレミアム】 4/9(月) 午前 11:00~11:14

【再放送 総合】 4/9(火) 午後3:40~3:54

【再放送 総合】 4/13(金) 午前11:05~11:19
(東北各県、関東甲信越各県、近畿各県、沖縄は別番組です)

【再放送 セレクション放送】 4/13(金) 午後3:45~3:59
(中部各県のみ)

※放送は予告なしに変更される場合があります。ご了承下さい。

(詳しい情報はこちら)
http://www.nhk.or.jp/
sawayaka/contents/program/2012/04/2012_0408_hayamanoumi.html



   



今回はとりさんは出てこないようですけど、海のなかにもたくさんの面白い生き物たちが住んでいますね。

今回の撮影地付近は、ぼくも何回か潜ったことのあるところで、身近なところにこんな綺麗な海があるのか!と、当時はビックリしていました。

さすがに南国の海とまではいきませんけど、それでも色々な生き物たちが住んでいることに驚きました。

海っていうと、真っ先に思い出すのが ジョーズ!

あれは ホホジロザメ をイメージしていて、かなり知能を持った鮫になっていましたが(笑)
もともと、ホホジロザメは、日本の沿岸部ではまず見ることができないのはわかっていながらも、ちょっと深いところなどを潜っていると、すぐジョーズの姿を思い出してしまいます(^_^;)

ただ、以前巨大なホホジロザメの死体が港で上がったニュースもあったので、絶対いないとは限りませんけど・・・

鮫の仲間は、映画などの影響もあってか、ずいぶん悪者になっていますよね。

ただ、サーファーなど、人を襲うこともありますけど、それは希なことでほとんどの鮫は人を襲いませんし、今回の撮影地付近でも、小型の鮫を見かけたことがありますが、こっちが驚くより鮫の方が驚いて逃げてゆきますね。

鮫の話にばかりなってしまいましたけど、ホホジロザメをはじめ、鮫はフカヒレなどの高級食材の為に乱獲されて数を減らしているんですよね。

以前、ドキュメントで見たのは、捕獲してヒレの部分だけ切断して、生きたまま海に捨てる漁師の姿・・・
ヒレをなくした鮫は、まるでウナギなどのように体をくねらせ、もがきながら海底に沈んでゆきました。
必要な部分以外は、荷物になってしまうからなんでしょうけど、それにしても惨い映像でした。

ホホジロザメも怖いですけど、やはり海の王者はシャチですね。
彼らは体も大きいし、鮫などより遥かに知能が発達しているので、ホホジロザメさえも獲物にしてしまいます。

と、どこまでも話が尽きなくなってしまうので、この辺で (^◇^;)

あ、今回の語りは、森山遙香アナなので尚更見逃せません♪        
2012-04-05 : 地上波 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

明日の夜は、「ダーウィンが来た!」でヨシゴイさん♪

「参上!水辺の忍者ヨシゴイ」image874.gif


~新潟県、越後平野にある瓢湖。田んぼに囲まれた水辺に忍術さながらの技を操る鳥がいます。サギの仲間ヨシゴイです。ヨシの茂みに潜んで過ごすため、めったに姿を見ることがありません。ヨシの茎を伝って忍び歩く“忍者歩き”、ヨシの葉になりきって敵から身を守る“葉隠れの術”、そして水面を移動する“水ぐもの術”。さらに小魚を仕留める狩りは、動物界トップクラスの成功率を誇ります。驚きの技を駆使して水辺を生きる鳥を追います。~

▼登場する動物~ ヨシゴイ


【NHK総合】 3/25(日)  午後 7:30~7:58

【再放送 総合】 3/27(火) 午後 4:20~4:48

※放送は予告なしに変更される場合があります。ご了承下さい。

(詳しい情報はこちら・予告動画なども見ることができます)
 http://www.nhk.or.jp/darwin/broadcasting/next.html


 


明日は、ダーウィンが来た!で ヨシゴイさんのお話が放送されるそうです。

ぼくも以前、近所で観察して、ブログにも画像をアップしたと思いますが、ちょっと探し出せませんでした(^_^;)

ぼくが見たのは若い個体でしたけど、まぁとにかく忍者のように葦に隠れながら器用に脚を使って移動していましたね。

そして、なかに隠れてたまにヒョッコリ顔を出す姿がどこかコミカルで愛嬌のある鳥さんでした。
2012-03-24 : 地上波 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

次の日曜は、「さわやか自然百景」で鳥さん♪

「厳冬 十勝川」image874.gif
 

~北海道南東部、太平洋へと注ぐ十勝川。長さ156キロ、200以上の支流をもつ大河である。冬、冷え込んだ朝には川から「けあらし」が立ちのぼり、木々は霧氷におおわれて幻想的な光景を生み出す。一日中氷点下の日が続くため水温も0℃に近く、川に落ちた雪や薄氷はとけることなく流れ続ける。やがて流れと共に大きくなった氷が下流からたまっていき、川は結氷する。厳冬の十勝川ならではの独特の情景と、そこに暮らす生きものたちの営みを見つめる。~

▼登場する動物~ オオハクチョウ、オジロワシ、オオワシ、キタキツネ、ゴマフアザラシ


【NHK総合】 3/4(日)  午前 7:45~7:59
(近畿各県、鳥取、香川、徳島、九州各県、沖縄は、午前 8:10~8:24)

【再放送 BSプレミアム】 3/5(月) 午後 0:25~0:39

【再放送 総合】 3/6(火) 午後4:05~4:19
(近畿各県は、別番組です)

【再放送 総合】 3/7(水) 午前11:05~11:19
(東北各県、関東甲信越各県、近畿各県、沖縄は別番組です)

【再放送 BSプレミアム】 翌週火曜 午後5:30~5:44

※放送は予告なしに変更される場合があります。ご了承下さい。

(詳しい情報はこちら)
http://www.nhk.or.jp/
sawayaka/contents/program/2012/03/2012_0304_tokachi.html#a02



 


ぼくが視ている数少ない地上波の番組のなかで、毎週欠かさず・・・
といっても録画で視ていることが多いですが、
そのひとつが 「さわやか自然百景」

以前にもメインのブログで書いたと思いますが、
特に森山遙香アナウンサーの語りの時が好きですね(^^)

大きな画面のフルHD画質で視ていると、現場に行った時ほどの感動はありませんが、
それでも、自宅にいながら自然の息吹を感じることができて、ひとときの癒しの時を過ごすことができます。

今回は 「十勝川」 ということで、芽室町付近のようですが、
道東道?などという高速がなかった時代に、札幌から日勝峠などを越えて行ったことがありますねぇ・・・
冬はとんでもなく路面状態が悪くて・・・っても運転できる年齢ではなかったですが(^_^;)

なーんにもない

そんな印象しか残ってないですけど、自然のなかにポツンと街がある のが当たり前でしたからね。
当時は鳥さんを主体として自然と接していたわけではないので、どんな種が何してた?
なんてことはあまり覚えていませんが、オオワシやオジロワシは普通に怪鳥(笑)として見ていましたね。

あ、3/18(日)には、マガン、ヒシクイなどが登場する予定みたいですよー(^^)/
2012-03-01 : 地上波 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

お知らせ♪


● こちらのサイトはサブになります。
メインのサイトは、こちら<<

● 初めて訪問された方は、こちら<<

thanks thanksにほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

カテゴリー

最新コメント

openclose

サイト内検索

バナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。